Zoneについて

ABOUT ZONE

ゾーンダイエット理論

Zone理論とは?

「Zone理論」とは、食事によるカロリー比率を炭水化物40%、脂質30%、タンパク質30%の割合で摂取することにより、体内のホルモンバランスを最適な状態にする食事法です。

ホルモンバランスが最適な状態を「ゾーン状態」と呼びます。「ゾーン状態」に入ると、血糖値が安定するので空腹を感じにくくなります。

ドクターバリーシアーズ ドクターバリーシアーズ

「Zone理論」提唱者 バリー・シアーズ博士

1947年カリフォルニア生まれ。生化学者。薬学・健康医療の研究者としても知られ、「Zone 理論」を確立。
『The Zone』を始めとした著書は、発行部数は累計600万部を越え、世界40カ国で愛読されている。

従来のダイエット法との違い

「Zone理論」は、食事法によってホルモンバランスを整え、体内の脂肪を燃焼しやすくします。また、激しい運動や食事量制限も必要ありません。

従来のダイエットが熱量(カロリー)の制限によって体脂肪を燃焼させるとしているのに対して「Zone理論」は、 体内の脂肪を燃焼しやすくするという特徴 があります。また、それにより体内の血糖値を安定させ、 長時間にわたり空腹を感じにくくなるのも特徴です。その為、臨床試験では、多くの被験者が空腹を感じずに、比較的楽に体重を減らすことが出来ました。

カロリー制限型ダイエットの多くは、飢餓状態に対する適応反応により、脂肪はあまり減らないのが現状です。 つまり、筋肉や骨量が減ることにより、基礎代謝が低下し、見た目の体重が減っているだけなのです。

「Zone理論」は、全くその逆で、徐脂肪体重を維持しながら、体脂肪を中心に減らしていきます。つまり、体が飢餓状態という判断を下さないため、空腹を感じにくく、リバウンドもしなくなるのです。

楽しい食風景
ゾーンダイエット理論の特徴

Zone理論の特徴

1.体内のホルモンバランスに働きかける
2.体内の脂肪を燃焼させやすくする
3.血糖値が安定することにより、頭脳が明晰になる
4.長時間にわたり空腹を感じさせなくなる(リバウンドしにくい)

日本人において、「Zone理論」は、体脂肪をコントロールする為に安全かつ有効な方法と言えます。単に体重を減らすのではなく、 徐脂肪体重を維持しながら、体脂肪を選択的にコントロールすることができます。

継続が安易で、リバウンドしにくいダイエット法です。予防医学的、医療学的、医療経済学的視点からも今後、医療現場を含め、 積極的な活用が期待出来ます。